世界のアジアンリゾートのインテリアをお届けします HOME 会社概要ココバリの紹介 お客様の声 お支払い・送料・返品 Q&Aお問合せマイページ カート
卓上カレンダープレゼント 絶品のリードディフューザー(全8種類) オリジナルネームプレート作ります コーディネート実例集 アウトレット

お店の紹介

HOME >お店の紹介
お店の紹介
オープンの経緯
もう直接買いに行くしかない!

2003年の12月にモルディブのアンサナリゾートに泊まりました。
そのときに、アジアンな要素をうまく取り入れ、かつ上品な雰囲気のインテリアにとても感激しました。

日本に戻ってから自分の部屋のインテリアをアジアン風に改造しようと、アジアン雑貨屋さんを あちこち行ったりしましたが、自分の思い描いてる雑貨が見当たらない・・・

また旅行雑誌などに載っていて「欲しい!」と思ったアジアン雑貨を探しに色々なお店を回りましたが、取り扱っていないことがほとんどでした。

そこで、「もう直接買いに行くしかない!」と思い、2004年の5月にバリに行き、沢山の雑貨たちと出会うことになったのです。

ランカウイ島、プーケット、ベトナムなど様々なアジアリゾートへ旅行しましたが、バリで出会った雑貨は、まさに私の理想とするものでした。

一編み一編み手作業で編みこまれたアタ製品、神のパワーを感じさせてくれるガムランボール、アジアと西洋がミックスされたモダンなインテリア商品など、デザイン、素材、色すべてが懐かしくもあり、また新しくも感じさせてくれました。

そして、私が感動したこの想いを多くの人にもお伝えしたいと思い、2004年12月にネットショップをOPENすることにしました。


お店の名前の由来
ココバリ

ひとつは、南国らしい名前にしたいと思いがありました。バリ雑貨には欠かすことができない椰子。その実ココナッツのココとバリを組み合わせました。
もうひとつは「ここはバリ?」と、まるでバリにいるかのような癒しの空間を創りたいと思い、ココバリという名前にしました。
ちなみに、「バリ」の正式なスペルは「bali」ですが、あえて「bari」にしています(^_^)

なぜバリなのか
世界のリゾート家具やインテリアはバリで製作

世界にはたくさんのリゾートがあります。モルディブ、タヒチ、マレーシア、ニューカレドニア、フィジー、プーケットなどなど。実はそこで使われている家具やインテリアが、バリで作られていることも多いのです。

その理由のひとつとして、のんびりしたバリの人々や温かい気候、懐かしい風景、そういった安らぎを求め、世界各国から集まったアーティストの感性と、バリの豊富な資源、器用な指先によって、新しいインテリアが生み出されているからです。

また、そういったインテリアを安く作ることができるのもバリの魅力です。



バリの商品の魅力
なぜか、落ち着く。

バリのインテリアや雑貨を飾ると、「なぜか、落ち着く。」という声をよく聞きます。

バリ島の大自然の中で感じる「緩やかに流れる時間」。
そして、伝統や文化に培われた生活の中で、人がひとつひとつ手でつくる温もり。そのような空気感が、自然と私たちを癒してくれるのではないでしょうか。

バリのインテリアには、「家に帰るのが楽しみになる」「休日の至福の時間を過ごすことができる」。そんな不思議な力があるようです。


商品へのこだわり
5年間で1000件以上探しました

バリのホテル、SPA、HP、雑誌、旅行カタログを見たり、実際にバリのリゾートホテルに泊まって、「このインテリアは素敵だな〜」とみなさまも思われたことがあると思います。

私も最初の頃は、思い描いているモノを求め、バリのお店を探しましたが、同じものを見つけることはほとんどできませんでした。

やっとの思いで見つけたとしても・・・

「日本の家に飾るにはちょっと大きすぎる」
「実物を見ると、あまり綺麗なものでない」
「もう少し、シンプルだったらなぁー」
「値段がちょっと高すぎる」

などなどの理由で諦めておりました。

実はバリでは、デザイン、サイズ、カラーを指示して、オーダーすることが多いので、「どこかで見かけたモノ」と同じモノに出会うことは少ないのです。

当店では実際にバリ島に行って、下記の3点をこだわって商品を製作したり、仕入れています。

・高品質の素材
・職人を指定
・厳しい検品

自分の理想とする商品がない場合は、職人の方に細かくオーダーを出して、オリジナルの商品を製作しております。バリでは同じような商品がたくさんのお店で売られていますが、品質はお店や職人によって、全然違ってきます。

当店では、これまで5年間で、のべ1000件以上のお店や工房を回り、その中で、より品質のいいお店に製作を依頼しております。また、石像などの「微妙な顔の表情」や、木彫り繊細な彫りにもこだわっているので、「職人指定」でオーダーしている商品も多数あります。

それでも、手作りということや、日本人との感性の違いがあるので、検品は基本的には自らバリに行ったり、現地の提携している業者(日本人)が、ひとつひとつ、厳しくチェックをおこない、高品質を保っております。最初のころは、100個オーダーして、最終的に、日本に送るのは30個になってしまうということもありました。

安さだけを求めている方は・・・

バリでは、確かに商品を安く販売している工房やお店もあります。全部ではありませんが、そのようなお店の多くは、素材も安いモノを使っているケースが多いです。たとえば、安い種類の木を使っていて、すぐに曲がってきたり、壊れたりと。。。また、一流の職人さんのモノと並べると、丁寧さ、繊細さの違いは一目瞭然です。

当店では「安かろう、悪かろう」の商品は扱いたくないため、品質を重要視しています。安さだけを求めている方や、エスニック雑貨などをお探しの方は、せっかくホームページをご覧いただいたのに残念ですが、そのようなコンセプトのお店をお探しいただければと思います。

オリジナル商品の開発
オリジナル商品を生み続ける

新商品やオリジナル商品を開発するために、100冊以上のバリ、アジアンリゾート、スパに関する専門書籍を見て研究し、高級アジアンリゾートやラグジュアリーなVILLAを回りながら「そのような雰囲気に合うインテリアは何か?」を常に考えオリジナル商品を生み出し続けています。

これまでは、そのようにして生まれてきたアイデアを、実際に作ることができる技術や材料を持っている工房がなかったのですが、バリ島中を探しまわり、3年かけて、ようやく作れる工房を開拓しました。後からわかったのですが、実はそれらの工房は、世界のアジアンリゾートホテルや高級スパのインテリアを製作している工房だったのです。

また最近では、世界一流リゾート&スパのアイテムをデザインしているバリ在住のデザイナーと共に、新商品の開発をおこなっています。(一部商品)

10個作って、商品化は2種類ほど

オリジナル商品を作るめに、まず、サンプルを作ります。そして、修正をおこなったり、デザインを変更したり、または、技術的に難しいことがわかったりと。そして、オーダーした後に、一定の品質を保つことができないとわかったりと。。。

試行錯誤を繰り返し、最終的に商品になるのは10個作って2種類ぐらいという時もあります。。その期間も半年から、長い場合は、1年ほどかかります。

このようにして、オープン以来、オリジナル商品をたくさん作ってきました。

実績
プロも御用達のインテリアショップ

バリ雑貨というと、「安っぽい」「作りが雑」「コテコテ」をイメージされる方も多いのではないでしょうか?当店では、世界の一流リゾートホテルでも採用されているワンランク上のレベル《デザイン&クオリティ》のインテリアを厳選して取り扱っております。

そのため、インテリアコーディネーターなどのプロの方にも、よくご利用いただいております。

もちろん、ご自宅用として一般の方にもご利用いただいておりますので、ワンランク上のインテリアをに囲まれて、「幸せを感じる生活」にお役立てください。


プロも御用達のインテリアショップ

バリ島の提携している工房や工場も100社を超え、全国の一流リゾートホテル様や店舗デザイン会社様にも採用していただくまでに成長しました。
(ありがとうございます)

【インテリア採用実績】
・世界の5つ星ホテル様
・国内有名ホテル様
・沖縄のリゾートホテル様
・石垣島のラグジュアリーホテル様
・会員制の高級SPA様
・新築マンションモデルルーム様
・老舗高級旅館様
など、他多数
これからも

2004年にマンションの1室から始まった「ココバリ」ですが、おかげさまで今では、事務所も大きくなり、スタッフも10名以上になりました。 また、これまでに多数のメディアにも取り上げていただいております。


雑誌やメディアに紹介されました
これからも
安心と信頼のおけるお店作り

商品が出来上がり、日本に到着するまで、そしてご注文いただいたお客様に届くまでに本当にたくさんの人々に協力していただいています。

素敵な商品を作ってくれているバリの職人さん、そして、商品としてここのお店に届くまでに携わるすべての人たち、そして、それをご購入していただいているお客様に、心より感謝します。

これからも、安心と信頼のおけるお店作りに努力していきます。そして皆様にバリのインテリアをご紹介し、多くの人々の心に、「癒し」をお届けしたいと思っています。また、変わらないバリ島を望みつつ、少しでも現地の人たちの生活のお役に立てることを願っています。

代表取締役 中村敬太郎

 


商品に対する7つのこだわり

実店舗オープンしました!
ページトップへ